Blog

仕事を通じて成長するにはどうすればいいの?

あなたは、仕事を通じて少しずつ成長していますか?

長年同じ仕事をしていても、成長できる人とそうでない人がいます。多くの場合、仕事を通じて成長できる人は、失敗した時にその原因などを考え、反省しています。そのため、同じ失敗を繰り返さないのです。ところが、同じ仕事をしていてもまったく成長しない人もいます。そういう人は、何度も同じ失敗を繰り返し、仕事自体が嫌になってしまうこともあります。せっかく、仕事をするのなら、技術的にも人格的にもどんどん成長していきたいものですね。

仕事の失敗を他人のせいにしないことが大切

いつも仕事で同じような失敗を繰り返す人は、失敗を他人のせいにしていることがあります。たとえば、「上司があんなだから失敗した」とか、「会社に問題があるから失敗した」と考えていることもあります。失敗を他人のせいにすることで、自分が成長することはありません。成長できる人は、素直に自らの非を認めます。たとえ、他人のせいだと思える失敗でも、結局原因は自分にあるのだと考えましょう。その方が、失敗を通じて成長できる確率が高まります。

好きな仕事をすると嫌いな仕事をするよりも成長できる

なるべく、自分が好きだと思える仕事をするように心がけましょう。仕事を楽しくすることができれば、どんどん成長するチャンスが訪れます。そして、才能が次々に花開きます。もし、今あなたが好きではない仕事をしていても、がっかりすることはありません。どのような仕事からも、学べるチャンスは多くあります。現在している仕事は、あなたが好きな仕事をするためのステップになっているかもしれません。どのような仕事でも楽しみながらするように心がけることで、成長の度合いも変わってきます。

ワークフローシステムの導入によって、全体を把握することが容易になり業務の効率化を図ることが出来ます。