Blog

引越の前に!引越後の片付けに関するコツあれこれ

引越って実は片付けが一番大変?

実家から出て一人暮らしを始める時など、初めての引越は荷造りや手続きからして慣れないことばかりで誰でもあたふたしてしまうものですよね?しかし、それを何とか乗り越えて新居に荷物を運び終わってさあ最後に一仕事だと片付けを始めてみると、実はその「引越後の部屋の片付け」が一番時間がかかってしまった……ということが意外によくあるのです。今回はいざ片付けという段階で苦労しないために、引越の片付けのコツをいくつか挙げてみようと思います。

荷造りの段階から片付けのことをよく考える

引越の片付けが大変になってしまう人は、荷造りの段階で片付けの事を考慮できていないというケースが多いのです。まず重要なのが何をどこに置くのかあらかじめ決めておくという点です。引越後にどういう部屋にするのかあらかじめイメージすることが出来ていれば、「ここに置くものはこのダンボールにまとめて詰める」と言うようにスムーズに片付けを行うための準備ができますよね?またそうやって荷物を詰めたダンボールにはちゃんと「何が入っててどこに置くか」を書いておきましょう。これを怠った結果、どれがどれか分からなくなってダンボールを手当たり次第開けてしまうというのが片付けに時間がかかる最大の罠なのです。

すぐにダンボールを開けたりしない!

準備をしっかりして、無事に荷物を新居に運び込んだらいよいよ片付けスタートです。ここで注意すべき点としていきなり適当なダンボールに手をつけないでください。どこまで業者に頼んでいたかにもよりますが、まずは家具など大きなものから配置しましょう。その後にダンボールを未開封の状態でそれぞれ必要な場所に運びます。こうすることでその場でいきなりダンボールを開けるよりも、何がどこにあってどこから手をつけていいか分かりやすくなりますよね?それが終わって初めてダンボールを開封し、収納作業に入りましょう。まずはすぐに必要なものが入っているダンボールから順番に整理していくと良いですよ。いかがでしたでしょうか?皆さんも引越の際は片付けをテキパキと終わらせて、スッキリした気分で新生活を迎えましょうね!

粗大ごみなどの処分でまとまった量の回収を依頼するなら、不用品の回収業者に依頼しましょう。家まで引き取りにきてくれます。