Blog

こんなことで詰まるの!?トイレ詰まりの意外な原因

トイレが詰まる原因とは

誰しもがどこかで見舞われるトイレ詰まり。その原因について把握している人も多いかもしれませんが、中には良かれと思ってやった行為で無用な詰まりを招いてしまうこともあるので注意が必要です。まず、トイレが詰まる一般的な原因は、流して良いとされる物以外の物を流してしまった場合です。トイレットペーパーの芯や女性の生理用品、赤ちゃんの紙おむつなどが、トイレを詰まらせる原因としてよく挙げられます。どんなに柔らかい物であろうと、絶対にトイレに流してはいけません。

トイレは詰まりやすい構造になっている

そもそもトイレは何故詰まりやすいのでしょうか。それは便器の中の構造が複雑で、そのため排水路が細くなっていることによります。排水路の許容量を越える量の物が流れたり、排水路を詰まらせやすい物が流れると、その複雑で細い経路上で止まってしまいます。これに流れてくる水によって圧力がかかり、硬い塊になって水も通さない詰まりとなってしまうのです。トイレがこうした複雑な構造を持つのは、下水からの汚水の逆流や虫が便器内に侵入してくるのを防ぐためです。

エコ意識が逆にトイレ詰まりを誘発する

一方で、トイレを流す十分な水量を確保できない場合、汚物が流せずに排水路に貯まってしまい、詰まりを惹き起こす場合があります。例えば、エコのためにトイレに流す水を節約しようとタンクに水の入ったペットボトルを浮かばせて水かさを増そうとすると、十分な水量が確保できずにトイレを詰まらせます。結局はトイレ詰まりを解消させるために無用な労力を払ったり、節約した以上の水を流す必要に迫られることになるため、決してやるべきではないでしょう。

トイレ詰まりは配管に異物やごみが詰まった状態を指しますが、素人作業では配管や便器を破損させてしまうことがあります。安全に詰まりを解消させるためには専門業者に依頼するのが賢明です。